スーパージュライト・シリーズ

京葉興業株式会社


タグ

  • 防災対策

商品説明

手軽に敷設撤去できる樹脂製敷板


樹脂製敷板スーパージュライトの大きな特徴は、軽くて地面に馴染み、割れ難く長年の使用に耐えられる強靭性をもつ事です。従来、工事現場等の地盤確保は敷き鉄板が常識でした。どんな環境でも使える万能の板ですが、重量が重く重機がないと揚げ降ろしができず、積送枚数も少なく環境負荷の高い商品でした。当社のスーパージュライトシリーズは、敷き鉄板までは必要ない地盤に使用して頂くことで、積送の経済性と敷設撤去の効率性を実現した環境製品です。

 

 

特徴1 軽くて割れにくい!

その軽さは、敷き鉄板の1/11の重さです。(4×8サイズと比較)。また、当社独自の特許製法により割れにくく強靭で長くお使いいただける品質を実現しています。

 

特徴2 地面に馴染む環境負荷の少ないリサイクル商品です!

地面の緩やかなスロープ等にも馴染む安全性の高い商品です。使用後も廃棄物ではなくリサイクル材として当社で再生できる環境循環商品です。

 

走行騒音テスト

敷鉄板の上で建機・重機の鉄製クローラにて走行を行った場合、クローラが敷鉄板を打撃する騒音が発生します。住宅地、学校、病院の近隣で鉄製クローラ走行を使用する必要のある現場で、敷き鉄板の上にニューダイコク板、あるいはジュライトを設置した場合に、騒音防止効果がどの程度得られるかというお問い合わせを多く頂いておりましたので、関係各社様のご協力の元、実際のテストを行いました。

 

京葉興業1

▷テスト結果

鉄製クローラ走行の場合、クローラ自体の接触騒音と、クローラが敷鉄板を打撃する騒音とに分類できます。ニューダイコク板、スーパージュライト、ジュライトを敷いた場合、クローラ自体の金属接触音を軽減することは、当然の事ながら出来ませんが、クローラと敷鉄板の打撃音については効果が認められます。

 

製品概要

当製品は、2004年に国産品としては最も早い時期に樹脂製敷板「ダイコク板」として発売し、その後、お客様からの要望を形にと開発に注力し、2007年に「ジュライトシリーズ」、2008年に「スーパージュライトシリーズ」と樹脂板の国内でのパイオニアとして市場の拡大に努めてまいりました。

敷き鉄板が常識の土木、建設業界の中で、3~4年前から鉄板に比べ、軽くて手軽に持ち運びできる強靭な板として、安定した地盤であれば十分に使用できることが、徐々に認知されるようになってきました。官公庁や自衛隊、大手商社や建機メーカー等からも発注をいただき、現在は、全国に納品させて頂いております。又、製品の品質向上と信頼性の向上のために、エコマーク認証やNETIS登録等、各種認定を取得すると共に、ISO14001認証事業所としても持続可能な循環型社会への取組みとしてリサイクル循環システムの確立に注力しております。

 

展示会出展実績

 

%e9%9c%87%e7%81%bd%e5%b1%95%e6%a8%aa%e6%b5%9c
2017年6月 第4回「震災対策技術展」大阪

2017年2月 第21回「震災対策技術展」横浜

2016年10月 第6回農業資材EXPO

2016年9月 しんきんフェアしずおか2016

2016年6月 第10回ビジネスマッチングフェア in Hamamatsu

2016年6月 第3回「震災対策技術展」大阪

 

最後に

製品をご理解頂くため、1枚から出荷対応しています。

企業情報

  • 社名: 京葉興業株式会社
  • URL: http://www.keiyo-kogyo.jp
  • 所在地: 〒270-0805 千葉県市川市大野町2-648-2
  • 事業内容: スチック加工事業・環境事業・介護サービス事業