第10回建設フォーラム「災害激化とその対策、そしてSDGsへ」未来を担う建設業 お知らせ

2021年7月15日

7月15日 一般社団法人神奈川県建設業協会は、2011 年の東日本大震災を契機に、協会会員企業のみならず、一般県民の方々向けに、災害やその時の建設業を取り囲むテーマで建設フォーラムを開催してきました。昨年度(2020 年)は、新型コロナウイルス感染症のため開催が 出来ませんでしたが、今年改めて開催することとしました。

今回のテーマは、近年、気候変動に伴う異常気象が原因と考えられる風水害が多発しているほか、東日本大震災から10年経過しても、なおその余震が発生する現状や、発生の切迫性が危惧されている首都直下地震、南海地震等への備えのために、国土強靭化への加速化対策へ着手した現在、改めて本協会会員も災害に対する再認識が必要となっていると考え決定したものです。

具体的には、今回のテーマは近年激甚化している風水害や地震について政府関係の様々な委員会で委員長を歴任する、世界的専門家から講話をいただくとともに、併せて災害時においても持続可能な発展(SDGs)を意識することが必要であることから小泉環境大臣から講話をいただき、今後の建設業としての活動の一助とするものです。
また、併せて、県内の行政機関の方々、県民の方々にも参加を呼びかけ、この機会を有効に活用し、安全な県土の創造につくす思いを共有するフォーラムとしたいと考えております。

日 時:令和3年8月23日(月)午後2時から午後4時20分(受付開始午後1時)
場 所:神奈川県立青少年センター紅葉坂ホール(申込定員400名)
住 所:横浜市西区紅葉ケ丘9-1 TEL 045-263-4400
参加費:無料

開催案内チラシ▶︎https://bousailog.com/wp-content/uploads/2021/07/開催案内.pdf
参加申込書▶︎https://bousailog.com/wp-content/uploads/2021/07/御申込書.pdf


関連ニュース