イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

「知る、備える、行動する」〜最近の広域大規模風水害に学ぶ〜

2月 13日 1:00 PM - 5:00 PM

|

日頃より防災科学技術研究の推進にご理解・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

防災科研は、「災害に強い社会の実現」を基本目標に、地震・津波・噴火・暴風・豪雨・豪雪・洪水・地すべりなどによるさまざまな自然災害を対象として、予測・予防・対応・回復という災害の全フェーズをテーマに、防災科学技術の研究開発を進めております。

さて、防災科研が独立行政法人に移行したのを機に始めた成果発表会も、今年で15回目を迎えます。本年度の成果発表会は池上彰氏を特別ゲストコメンテーターに迎え「知る、備える、行動する」をテーマとして開催いたします。

第1部として、1年間の研究成果から「知る、備える、行動する」を考えると題し、令和元年8月の前線に伴う大雨、台風15号、19号など、令和元年に発生した災害に対する防災科研の取り組みを紹介いたします。

第2部は、約140に及ぶ防災科研の研究成果ポスター発表を行います。会場に展示してあります各研究者ポスターヘの投票をお願い致します。

第3部では「避難~災害を乗り越えるための行動をどう促していくか~」と題し、対談を行います。

つきましては、ご多用中誠に恐縮でございますが、万障お繰り合わせの上ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

理事長 林 春男


プログラム

  • 12:00 開場
  • 第1部13:00-15:00 1年間の研究成果から「知る、備える、行動する」を考える
  • 第2部15:00-15:40 研究成果ポスター発表
  • 第3部15:40-17:00 避難~災害を乗り越えるための行動をどう促していくか~

→ 詳細プログラムはこちらPDF(880KB)


お申し込みはこちら

成果発表会は入場無料です。先着順で受付、定員に達し次第締切となります。

開催概要

日程 2月 13日
時間 1:00 PM - 5:00 PM
費用 無料
カテゴリー:
Website: Click here

主催

国立研究開発法人 防災科学技術研究所

会場

東京国際フォーラム ホールB7
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 + Google マップ