新着情報

9月25日 高知県黒潮町は、南海トラフ巨大地震で最大34メートルの津波がやってくるとの被害想定が出された自治体です。被害想定のあまりの大きさに、一時は災害対策を諦めそうになったこともあるといいます。そのような中、少しでも地域での防災を進めようと、さまざまな取り組みがなされています。 黒潮町では特に、巨大津波に対する備えとしてコミュニティの防災に力を入れています。全国でもなかなか策定が進まない地区防災計画(自治会程度の単位で地域がつくる防災計画。地域防災計画にも紐付けられ、正式な防災対策として認められる)は、黒潮町の61のすべての自治会で策定が進められています。町では全職員を61自治会に振り分けて担当させ、防災活動を支援しています。 しかし、黒潮...


9月22日 2021年度は、3年に1度の介護報酬の改定年度にあたります。9月10日に第23回厚生労働省社会保障審議会が行われ、年度開始から実施された報酬改定の効果を検証する方向性などが検討されました。2021年度の介護報酬改定は、第一の柱に感染症や災害への対応力強化を掲げています。その背景には、地球温暖化などにより自然災害が多発また激甚化することや、感染症の世界的な流行が長期化し、災害の複合化が進んでいることなどがあります。 介護サービスは、利用者や家族の生活を支える上でとても重要です。災害や感染症の流行が発生したからと介護を中断すると生活が困難になるほどの甚大な影響を与えます。また、災害時にひっ迫する医療サービスへの影響を避ける上でも、介護サービスの...