新着情報

ADI避難所運営シミュレーション お知らせ

2018年1月10日

1月10日  試してみませんか! 仮想のHUGではなく、地域の実際の避難所施設をモデルに、具体的な使い方や収容に関する問題を考えて、最も効果的な運営方法を考える訓練です。 自主防災会や防災士の皆さんに実際に体験してもらい、地域で活用してください。 日時:1月31日(水)午後6時45分から8時まで 会場:大阪市生涯学習センター第3研修室(大阪駅前第2ビル5階) 資料代:1,500円(会員1,000円) ご連絡・お問合せ 〒530-0015 大阪市北区中崎西1-8-24 アインズビル梅田807 TEL 06-6359-7711 FAX 06-6359-7722 Email info@adi-saigaikenkyusyo.com


北海道沖で超巨大地震の可能性 防災ニュース

2017年12月21日

12月19日 政府の地震調査研究推進本部が北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8.8以上の「超巨大地震」が発生する確率は最大40%とし、「切迫している可能性が高い」という見解を発表した。 東日本大震災(M9.0)級の地震の確率について今回初めて検討したところ、30年以内の発生確率は7〜40%、同規模の地震は平均340~380年ごとに発生し、直近では約400年前に起きたと考えられるという。 地震本部の平田直委員長は「東日本大震災のような大きな地震が北海道でも起こり、津波が発生する可能性を覚えて、備えを見直してほしい」と話している。 出典:地震調査研究推進本部


ぎゅっとぼうさい博!2018

12月21日 防災ってつい、あと回しにしてしまう。そ...

「防災・減災展2018 名...

12月15日 2018年11月9日(金)、名古屋駅徒歩5分に...

建築基準法と地震時の安...

11月24日 福岡大学 工学部 建築学科 教授 高山 峯...

毎日食べたい日(ひ)常...

11月15日 「毎日食べたい日(ひ)常食について~津...

「防災・減災展2017」出...

11月12日 (お知らせ) 12月1日(金)大田区産業...